昭和の名車ハンタ−カブ50<1969年式>


仕上げ真っ只中です。 価値あるセカンドミッション付きエンジンは床の間に、安心走行の出来る12V88ccEGに乗せ替え、どこに行ってもトラブラない仕様です。


まだまだカスタム&仕上げ真っ最中、日ごろのカスタム&メンテナンス中心PIT作業と違ってココロ和むお仕事です。


やっている作業はけっこうワンオフの連続、フロントフォグは必見ですぜ。


ご興味ある人は新潟店にどうぞ。 担当:こんの


PS:奥にはニンジャエンジンフルOH車両が...対照的車両ですな〜。